タイムレコーダーと労働時間の関連性

勤怠時間がごまかせないタイムレコーダー

タイムレコーダーを導入すると、ICカードや磁気カードなどで出社時と退社時にレコーダーを通して勤怠時間を記録します。そのデータは、クラウド上にて管理されます。これまでの手書きのタイムカードとは異なり、時間のごまかしが利かなくなるため、就業規則に合った出勤状態であるかどうかが一目瞭然にてわかります。また、同時に各種集計もおこなわれますので、月間の年給取得日数や、残業時間なども自動計算されるため、残業が多い人は健康診断を受ける警告を出すなどのシステムも確立できます。更に、最近はスマートフォンやパソコンなどとインターネット回線を経由して勤怠管理が出来ますので、外出先などからも勤怠登録が可能になり始めています。

各種データーの共有と人件費の削減が出来るシステム

最近のタイムレコーダーを使用した勤怠管理システムは、クラウド連携型が一般的となっていて、勤怠データはクラウド経由により社員全体が共有可能です。そのため、誰が出社していないのかがすぐにわかります。もちろん、セキュリティー対策として閲覧者を限定することも可能になっています。また、勤怠データーから残業時間・深夜残業時間・休日出勤時間などが自動的に集計されますので、給与データの作成も自動化されています。そのため、これまで手計算でおこなっていた作業が自動化されますので、最新のタイムレコーダーシステムを導入すれば、人件費の削減にもつながります。なお、最新のタイムレコーダーでは指紋認証タイプなども出てきており、不正がしにくくなっています。

© Copyright Competitive Examination. All Rights Reserved.