タイムレコーダーの不正打刻は懲戒解雇になるか?

タイムレコーダーの不正打刻により出社時間や帰宅時間をごまかした場合、遅刻や早退、欠勤、残業情報等をごまかした事になりますので、ある種の詐欺と言えるでしょう。会社側としては、該当社員を懲戒解雇にする…

詳細を見る...

今注目!クラウド使用の勤怠管理

クラウド上の勤怠管理は、場所に関係なく勤怠管理を実施できるようになっています。外出中でも出勤や退勤の記録を残す事ができる為、多くの会社や企業がすでに導入をしています。またクラウド上の勤怠管理の為、…

詳細を見る...

オーダーメイドシステムで効率化を!

従業員の勤怠管理を徹底的に行うために、クラウド型のオーダーメイドシステムが備わっているタイムレコーダーを社内に導入することがおすすめです。特に、様々な職種の従業員が一つの職場で働いている企業におい…

詳細を見る...

タイムレコーダーと労働時間の関連性

タイムレコーダーを導入すると、ICカードや磁気カードなどで出社時と退社時にレコーダーを通して勤怠時間を記録します。そのデータは、クラウド上にて管理されます。これまでの手書きのタイムカードとは異なり…

詳細を見る...

今後どうなる?これからの勤怠管理

勤怠は正社員、パート、アルバイトなどありますが、その会社で働くスタッフ全員が就業規則を守った働き方をしていなければなりません。就業規則は会社が円滑に進めるよう社員に課せたルールです。それがキチンと…

詳細を見る...

タイムレコーダーの用途について

タイムレコーダーとは時刻をカードに印字し記録するもので、主に従業員の出退勤など勤務管理に使われています。

© Copyright Competitive Examination. All Rights Reserved.